個人事業主が1/5の経費で名刺を印刷する方法

通常名刺印刷の会社に依頼すると、100枚で2,000円〜3,000円かかる。

デザインも限られたり、オプションで割高になったり、色は3色以内に限られたり、両面印刷は倍になったりと、どんどん高くなったりする。

そこで、家庭用プリンタがあれば、自宅で思うがままのデザイン(フルカラーで何色でも可能)でおよそ100枚を400円程度で作成できる。

ギザギザがないので、おそらく印刷屋さんが印刷したのか見分けがつかないはず。

紙はマルチカードというのを使用する。自分は下のものを使用している。500枚で1,827円なので100枚だと365円。あとはインク代も含め400円程度、つまり2,000円の1/5という計算。

自分は両面印刷しているから、さらに経費削減になっている。

そしてデザイン。

今まではイラストレーターを使っていたが、今のMacにイラレはインストールしていない。脱Adobe政策をとったので(笑)

そこで、エーワンのサイトで「ラベル屋さん.com」というサイトからソフトを無料、またはweb上の操作でデザインし、データを保存することができる。

これがとても優れている。

直感で思うがままにデザインできる。とにかくよくできている。自分はweb上で完成させた。

しかし、問題が。PDFにしたものを印刷するのだが、どうしてもずれてしまう。上のほうはピッタリなのに下のほうが合わないのだ。

ピッタリ合うのかこのソフトの特徴のはずなのになぜ…としばし調べまくる。

エーワンのサイトではsafariでとWeb上でうまくいくことができないことがあるということで、「ソフトをダウンロードして試して」ということだったが、やはり同じように印刷されてしまう。

「拡大」「縮小」「変倍」「フィットページ」「大きいページを縮小」になっていたり、原稿サイズと出力用紙サイズが違ったりするとずれてしまいます。
・プリンタのプロパティでサイズ設定を「等倍」や「100%」にし、用紙サイズや原稿サイズを実際のサイズに合わせてください。
・「拡大」「縮小」「変倍」「フィットページ」「大きいページを縮小」などが有効になっている場合は解除してください。

ということでMacの場合はここに原因があることがわかった。

印刷するごとに「用紙サイズに合わせる」に戻ってしまうのだ。これをサイズ調整に戻し、100%にするときれいにピッタリと印刷できた。

ちなみにエプソンの場合、「プレビュー」を「印刷設定」にして次のように変更する。これは自分のための覚え書き。

給紙方法を下トレイにするとプリンタの中でまるまって外れる可能性がある。「手差し給紙」で後ろからほぼ一直線で印刷させたほうがいい。

というわけで半分自分のための覚え書きですが参考まで。

ちなみに私に依頼されても、やはりデザインにエネルギーを使うので、印刷屋さんとほぼ同じ100枚3,000円程度(フルカラー)いただくことになります。(これでも赤字になるかも)

「プリンタがないから印刷だけして。デザインは自分でするから」という場合は、100枚1,000円で印刷します。両面でも同価格。

写真のように名刺の色はアイボリーのみ、写真などの印刷はしません。基本文字と会社のロゴという感じです。

できればご自分でチャレンジしてみてください!

 

 

 

カテゴリー: blog