久しぶりにパソコン修理依頼、キタ〜

パソコン修理、そんなにうれしい仕事ではないですが、久しぶりに依頼が来ました。

日本一周の旅行中には1日に3人から依頼があって断っていたのですが、6/4に石垣に帰って来てから初めての依頼です。

Windows10で2年前に買ったばかりなのに起動しなくなってしまったとのこと。

起動ボタンを押して1分くらいすると勝手に電源が落ちます。

TOSHIBAで15万円くらいしたらしいです。

自分はWindows10は使ったことがない(笑)

とりあえずハードディスクを取り出さないと。

ネジはこんな感じで同じ配置でくっつけながら取り外します。

問題かと思われるハードディスク。

SSDに換装して起動を試みてみました。

しかし、残念ながら起動せず。

これはマザーボードがやられているっぽいです。

TOSHIBAに修理依頼しないとまずいかも。数万円はかかるでしょうね。

とりあえず、データは取り出すことができました。

現状復帰はできず、本来修復できなかった場合には、お金はいただきませんが、データは取り出したので3,000円いただくだけとしたいと思います。


これからの時代はとにかく「マイクロソフトには一円も払わない」姿勢が必要です。

「マイクロソフトのエクセル、ワード、パワーポイントが必要じゃん」

と言われそうですが、Googleのオフィス系のソフトで代用すればいいんですよ。

Google Drive(グーグルドライブ)の使い方を覚えたらWordとExcelは不要?オフィスソフトが無料で使える

私は今まで作成したデータのほとんどをGoogleに移行しています。

エクセルのわけのわからない関数なんて、基本使わないですよね?

十分Googleのスプレッドシートで用がすみます。

まだまだエクセルに機能は追いつきませんが、普通の人はエクセルの機能の1/10も使いこなせていないはずです。

データを全てGoogleドライブにあずければ、今回のようにパソコンがクラッシュしてもぜんぜん余裕でいられます。

ほかのパソコンで問題なく開けますから。

学校の先生がパソコン盗まれたとか、USBメモリを落として謝罪したりしていますが、Googleドライブ内でデータを処理しておけば、USBメモリを持ち歩く必要はないし、データが流出する可能性も限りなく少なくなります。

というわけで、今後は「脱マイクロソフト」で人生を生きましょう。

もちろん、パソコンはMacをおすすめしますよ〜