パソコンが起動しない

パソコンが起動しないとお助け要請。

確かに起動させようとするも、ファンは回るが、ウンともスンとも画面は真っ黒のまま。

ファンが回るということは、電源は生きている可能性が高い。

BIOSすら起動しない場合は、マザーボードが機能していないということ。

なぜ起動しないかというと、ボタン電池がなくなってしまったから。

BIOSというWindowsを起動させるためのOSみたいなものは、たったボタン電池1個で動いていたんですね〜

真ん中のファンの左下にある電池を交換します。

ふつう、CR2032という、100円ショップでも手に入る型です。

交換し、BIOSの設定を行い、起動しました。

あとは、パソコンの設定日時も狂っているので修正し、元に戻りました。

めでたしめでたし。

デスクトップパソコンを長年使っているとこのような現象が起きると思うので、数年に1度(3年に1度くらいかな)は取り換えたほうが良さそうですね。安いですし。

今回は簡単な作業だったので3,000円でいいですよ〜

カテゴリー: blog